ilovepajiru

パジルと杏の事や、飼い主の日常を綴っていきたいと思います。
パジルと杏の事や、飼い主の日常を綴っていきたいと思います。
このブログは長い間更新がありません。
つなビィでは、5年以上ログインがないアカウントは削除される場合がございます。
削除を希望されない方はこちらよりログインをお試しください。

パジル帰宅しました♪

パジルの事で、ご心配おかけしましたが、日曜日に帰宅しました♪
今回お世話になった病院は、いつもお世話になっている病院なんですが、しばらくの間夜間病院としても、対応してくれてるので、とても助かりました。
以前入院した時も感じましたが、今回もパジルの生命力に、言葉に出来ない思いになりました。
パジルのいない時間は、辛かったですが、いつもの生活にもどれて安心しました。
16年間一緒が当たり前のように生活をしてる事に、改めて色んな事を考えさせられました。
今回色んな検査をした結果、発作の原因は発見出来ませんでした。
新たに、心臓に問題がある事、脾臓に腫瘍がある事が分かりましたが、それらは発作の原因ではないようです。
考えられるのは、頭の異常で、入院中のパジルの行動が、頭に異常があるような行動をしていたらしいです。
でも頭の検査は全身麻酔でMRIを撮らないと原因は分からないそうです。
でも今の体調と年齢的な問題で、MRIを撮って万が一腫瘍が発見されても、その腫瘍を摘出する手術はパジルには耐えられないので、リスクを背負ってまでMRIを撮る意味がないと言われました。
色んな考え方があると思いますが、MRIを撮るのは都内の病院みたいで、16歳のパジルに心臓も悪いなか、都内まで連れて行き、全身麻酔を受けさせる勇気が今の私には…。
今回の退院も獣医さんに、入院を長引かせて万が一病院で最後を…
より残された余生住み慣れた家で飼い主のもとで穏やかにって退院なんです。
発作後、肺水腫にもなりましたが、今は薬を使わず水も抜け呼吸も苦しそうにする事はなくなりました。
心臓の薬など飲み続ける事になりますが、今は食欲もあり、大好きなぬいぐるみに、ほんの数秒だけですが、腰をふりふりしたりと元気にしています。
初めてみた発作は衝撃的で、二度とあんな思いをさせたくないし、したくないし、だから不安はありますし、MRIの事が気がかりですが、今はパジルが辛くなく、痛くもなく穏やかに、のんびりと暮らしてほしいと、思っています。
長々まとまりのない文章に、最後まで読んでくれてありがとうございました。
まだ病院通いは続くので、色んな面で余裕がでてきたら、パジルの元気な姿をアップしたいと思っています。